スポンサード リンク
Excel関数の引き算

ExcelではオートSUMボタンを使えば足し算をすることはできますよね。しかし「き算をするにはどのような関数を使うのでかきになりますよね。Excelを使いこなしている方からしてみれば、わかっていることかもしれませんが知らないかたも少なくはないようです。Excelでは「+」「-」「*」「/」といった算術演算子を使えば加減乗除の計算をすることはできます。

このような演算子を使えば記述することが不可能ではありませんが、記述が複雑になってしまうのを簡単にしてくれる機能が関数なのです。そういったことを理解していない人は「引き算をする関数は?」というように疑問を抱くわけなのです。A1、B1、C1、D1セルの合計をE1セルに求める場合には、関数を使うのであれば「=SUM(A1:D1)」という数式をE1セルに入力しますよね。これを関数を使わないで「=A1+B1+C1+D1」とE1セルに入力しても計算することはできます。しかし「=A1+B1+C1+D1」という数式を入力するのはとても面倒です。合計したいセルが増えれば増えるほど大変になってしまいります。そこでSUM関数を使えば簡単に「=SUM(A1:D1)」という数式にできるわけなのです。

Excel2003のヘルプには、数式・関数・演算子について次のような記述があります。数式についてですが、数式には、関数、セル参照、演算子、定数のいずれか、またはすべてが含まれいます。関数は値を使って計算をおこない、その結果の値を返すあらかじめ定義された数式のことです、関数を使えば長く複雑な数式を簡単にみじかくすることができます。引き算をする関数ですが、じつはExcelには用意されていません。引き算をしたいときに関数を使うのであればSUM関数と、減算演算子「-」を使えばおそらく大丈夫なはずです。

エクセル関数入門ガイド 新着情報

エクセル関数についてご紹介します。パソコンには、エクセルという表計算ソフトがあります。このソフトを使うにはエクセルを起動させるだけなのでとても簡単です。しかし、エクセルというソフトの機能をあなたは熟知していますか。例えば関数やオートフィルタなどの機能について熟知していますか。これを知っているか知らないかでは、作業効率にとても大きな差が出てきてしまいます。

エクセルの関数は、非常に数が膨大にあります。とても覚えきれるものではありません。しかしその膨大な量のうち、実際に使う関数というのはわずかでしょう。もちろん、使う内容にもよりますが。その関数の機能さえきちんと把握しておけば、エクセルを使いこなすことは充分でしょうす。しかし、何を使っていいのかさえも分からない場合がありますよね。さまざまなサイトを見てみるとわかりますが、使用頻度別のエクセル関数一覧が掲載されているところがあります。参考にしてみてはいかがでしょうか?

また、関数というのは知っているだけではあまり意味がないものです。もしも、知っているのならば存分に使いこなしましょう。例えば、「if関数」などは構文自体がとても簡単なので、すぐに覚えて使うことができると思います。しかし、構文を覚えるだけではなかなかマスターすることも難しいかもしれません。何度も使っていくことで、使い方を習得していきましょう。

エクセル関数関連ニュース